ニュース & 特集

ヘルスケア

煙草をなかなかやめられない人のための禁煙生活ポケットガイド

このガイドを読みながら一服している読者もいるかもしれません。喫煙者が口を揃えて言うように、煙草には、それなしでは生活ができなくなるほどの魅力があるのです。

それにもかかわらず、喫煙者のほとんどが禁煙しようと試みたり、行動には移らないまでも禁煙しようと考えた経験を持っています。禁煙したいと思う理由は少なくありません。喫煙が主要な原因となる重大な疾患として、がん、肺気腫、心臓発作、脳卒中、糖尿病などが挙げられます。また、脳出血やメタボリックシンドローム、または歯を失うなど、やはり深刻な健康問題の多くが喫煙により引き起こされると言われています。さらに、常習的な喫煙によりあなたの生活スタイルは肉体的にも社会的にも制限されます。

金輪際煙草は吸わないと決意し、禁煙に成功するためには、とても強い意志の力と周りのサポートが要求されます。例えば、もしあなたが日常的に煙草を吸っている人を目にする環境にいるとすれば、煙草をやめることは簡単ではないでしょう。

ここでは、禁煙するに当たって意志の力よりも頼れる方法をいくつか紹介します。

日本で禁煙プログラムを受ける場合、通常8~12週間かかります。1日に1箱の煙草を吸う日本の国民健康保険加入者が上記の期間煙草を吸い続けた場合、禁煙プログラムにかかる費用の倍のお金を煙草に支払うことになります。煙草を吸わないことは、健康的なだけでなく経済的でもあるのです。

OTC薬:近所のドラッグストアでNRT製品を購入することもできます。NRT製品を用いた治療法は、ニコチンを含んだパッチやガムを用いることで喫煙者が経験する喫煙に対する根強い渇望や禁断症状を緩和するものです。この方法では、二次・三次喫煙が生じないため、社会的な不名誉を受けることもありません。NRTを利用することで、禁煙に成功するチャンスは倍増すると言えます。

その他の選択肢:禁煙方法として他に挙げられるのは、催眠療法や鍼療法、またはインターネット上の禁煙団体に参加することなどです。通常、催眠療法では嫌悪療法と正の強化を用います。前者では患者を煙草が体内にもたらす害毒について考えさせ、後者では喫煙することのない生活がどれほど健康的ですばらしいことかを想像させます。鍼療法では、リラクゼーション、解毒、喫煙欲求の緩和に力を入れ、そわそわ、いらいら、気持ちが落ち着かないなどの禁煙がもたらす症状を和らげます。インターネット上の団体は、ちょうどSmokers AnonymousやNicotine Anonymousのように遠隔的なバディーシステムを提供するもので、喫煙欲求が高まったときに支えとなるものです。

がんばってください。禁煙成功の先に心の平穏が待っていることは確かです。

タグ:禁煙外来クリニック