ニュース & 特集

トラベル

マレーシア政府が保障する安心のヘルスケア

マレーシアのヘルスケアは国の発展と共に革新的な変化を遂げてきました。1957年8月に独立を勝ち取ってからも、最新のニーズに応えるべく、マレーシアヘルスケアは変化を続けています。

近年、マレーシアには数多くの私立病院が設立され、世界レベルのヘルスケアサービスを比較的低コストで提供できるようになったことから、多くのディカルツーリストが訪れるようになりました。マレーシアでは、国内に存在するすべての私立病院に対し、”Private Healthcare Facilities and Services Act 1998”法に基づき認可を取得するよう義務付けており、政府監修のもとで医療サービスが提供されています。

マレーシア政府の働きかけもあり、今日では、数多くの医療施設が積極的にメディカルツーリズムに取り組み、ざまざまな分野で医療サービスを提供できるようになりました。マレーシア国内の医療施設で提供されているヘルスケアサービスは、先進国のサービスとまったく変わりありません。にもかかわらず、その費用は先進国と比べてかなり安く設定されています。また、マレーシア国内の医師や専門家は、国内はもちろん、オーストラリアやイギリス、アメリカなどの優れた医療学校でトレーニングを積んでおり、とても優秀です。

マレーシア国内にある私立病院の多くは、MSQH(マレーシアソサエティクオリティヘルス)などの国内認定のみでなく、JCI(国際病院評価機構)などの国際的な評価認定を取得しています。JCI、MSQHは、どちらもISQua(ternational Society for Quality in Healthcare )傘下の団体である、IAFC(International Accreditation Federation Council)に認められた認定ですので、すべての患者様は、最良のサービスクオリティが保障されています。

政府と民間の協力により、マレーシアはメディカルツーリズムの主要国の一つとなりました。2009年には、MOH(マレーシア厚生労働省)の主導で、MHTC(マレーシア医療観光協会)が立ち上げられました。MHTCは、マレーシアのメディカルツーリズムがさらに成長し、いつの日か、マレーシアが世界で唯一無二のヘルスケア大国になれるよう、医療技術の進歩と持前の温かさを世界に向けてアピールしています。

マレーシアは、政府によってメディカルツーリズムが推進されている数少ない国のひとつです。政府が厳しく管理しているため、メディカルツーリストは、安心して質の高い医療を受けることができます。マレーシアでは、さまざまなケア・医療サービスを提供しており、中には、世界的にもかなり難しとされる治療も含まれています。マレーシアの医療は、世界トップレベルの優れた技術と知識を兼ね備えています。多くの専門家たちは、医療の最先端とされる、オーストラリア、イギリス、アメリカで技術を学んだ経験があります。

世界中で医療価格が高騰するなか、マレーシアでは全ての人々に低価格な医療を提供することができます。確かな技術とサービスを、お手頃価格で、自信をもって提供しています。その低価格さを利用すれば、バケーションを楽しみながら気軽にヘルスケアを受けることも可能になります。バケーションを合わせても、先進国で治療を受けるよりも安く収まるから驚きです。

さあ、バケーションついでにヘルスケアが受けられるチャンスをお見逃しなく。オーダーメードのパッケージからお選びいただくか、自分でお好きな旅行内容をアレンジすることもできます。どちらにしても、必ずご満足いただけることでしょう!!マレーシアのメディカルツーリズムに関するさらに詳しい内容は、 http://www.medicaltourism.com.my でご確認いただけます。

タグ:マレーシア