ニュース & 特集

ヘルスケア

輝く笑顔を取り戻しましょう − 歯のホワイトニングを日本で

貴方の笑顔が百万ワットの輝きだった日々を、覚えていますか? 今まで普通の生活を送っていたら、貴方の歯はもう、真珠ようには白くないでしょう。食べ物、飲み物、タバコ、ワイン、酸性の強い食品、ある種の薬などは、歯をひどく汚します。加齢によっても歯は汚れます。これは、加齢が体に化学的な変化をもたらすからです。この様な理由で付いた歯の汚れは、歯磨きやフロッシングで落とす事は出来ません。歯の汚れは非常にゆっくりと進行するので、自分で気付かないうちに歯の曇りや変色は驚くほど進行しているかもしれません。

歯科に行って普通のクリーニングしてもらえば、歯の汚れは少し改善されます。しかし、歯の外側を覆っているエナメル質は硬い上に、表面に細かい穴が開いているので歯の変色は深くまで浸透し、歯科で行う普通のクリーニングでは落ちなくなるのです。

そこで、歯のホワイトニングが必要となるのです。ホワイトニングは、歯の漂白という名でも知られています。歯のホワイトニングをする事によって、歯に輝かしい変化を与える事が出来ます。近代の歯のホワイトニングは、1980年代から施術例が報告されるようになり、日本では2000年頃から段々と一般に知られるようになりました。歯科やデンタルクリニックはその可能性に注目し、2007年になると歯のホワイトニングは広く施術されるようになったので、「ホワイトニングコーディネーター」の資格が日本で制定されるに至りました。現在では何千人もの歯科衛生士がホワイトニングコーディネーターの資格を取得し、日本全国で活躍しています。ホワイトニングコーディネーターは、歯のホワイトニングに関する正しい知識を日本に広める役割を担っており、また、患者さんに歯のホワイトニング法についてのアドバイスも行っています。

歯のホワイトニングには、3つの方法があります。具体的には、歯科でのホワイトニング施術、ご家庭でキットを用いてご自分で行うホワイトニング、そして、この2つの方法を組み合わせたホワイトニングです。どの方法の場合でも、まず歯科で検診を受ける必要があります。そして、貴方に最適なホワイトニング方法について、歯科医もしくはホワイトニングコーディネーターから説明を受けて下さい。

歯医者は薬品濃度の高いジェルを用います。この薬品は漂白剤であり、過酸化水素もしくは過酸化尿素です。ジェルには普通、高輝度レーザーや他の光源が照射され、歯の汚れを分解する化学反応が促進されます。患者さんの中には、ジェルに含まれる化学薬品に敏感な方もいらっしゃいますので、その様な方には薬品濃度の低いジェルを用います。(ご家庭用のキットには、低薬品濃度のジェルが入っています。)

日本の歯科医院で歯のホワイトニングを施術する場合、費用は2万円から7万円です。費用は、施術行う医院の価格設定や使用される器具によって上下します。ご家庭でホワイトニングを行う場合、歯科から購入するキットの価格は様々です。

貴方の歯は、ホワイトニングを受ける事が出来るでしょうか? 殆どの場合、大丈夫です。しかし歯茎が細菌に犯されている場合、ひどい虫歯がある場合、クラウンや充填された歯が幾つかある場合は、歯のホワイトニングを受ける事が出来ないかもしれません。とにかく、歯を専門家にクリーニングしてもらい、虫歯を直し、歯茎の健康を取り戻しましょう。ちなみに、日本では、16歳から歯のホワイトニング治療を受けることが可能です。

日常生活の色々な場面において、輝く笑顔は最高の財産です。お仕事をしている貴方は、さらなる自信をもってお仕事に取り組む事が出来るでしょう。このページに書かれている歯のホワイトニング方法を、是非お読み下さい。さあ、真珠色に輝く貴方の歯を取り戻す為の、第一歩を踏み出しましょう。

タグ:歯のホワイトニング