ニュース & 特集

ホスピタル

25年のインプラント手術実績 - 榊原デンタルクリニック

榊原康智医師は鶴見大学を卒業し、パリ大学でJacques Melcer医師と共にレーザー歯科手術を学んだ後、1984年に自身のデンタルクリニックを開業しました。Jacques Melcer医師は歯科レーザー治療の先駆者とされる方です。榊原デンタルクリニックは、有名な麻布十番のショッピングエリアからそう遠くない南麻布の歯科医院です。

榊原デンタルクリニックは、一般的な歯科診療の他、審美歯科 (ホワイトニングを含む)、歯科手術 (インプラントが専門) と矯正治療も行っています。同クリニックには、1年間に平均約3600人もの患者様が訪れる。榊原医師は、治療の際、歯切や殺菌にレーザーを使用しています。歯を削る音や痛みが無いため、安心して治療を受けることができる患者様が多いとのことです。

研修を初めてから最初の数年間、榊原医師は虫歯治療を中心に学んでいました。しかし、その後すぐに歯科インプラントに興味を持ち、骨の成長技術と骨移植を研究するため、1992年にニューヨークのアインシュタイン病院へ渡りました。

今では、インプラント手術を初めて25年にもなるそうです。榊原医師は、主にミネラルが除去された牛骨で作られる移植物質Bio-Ossを使用して手術を行います。Bio-Ossは、世界的に高く評価されているインプラント材料で、人の顎に移植された後、最終的には実際の人間の骨として変化するそうです。

榊原医師は、年間約100件もの歯科インプラント治療を行います。また、従来の一本ずつのインプラント治療に加えて、「オールオンフォー」や「オールオンシックス」として知られる治療も行っています。オールオンフォーインプラント治療は、1時間程度の治療で、最大10本までの歯を同時に埋め込むことができるそうです (オールオンシックス治療は14本まで)。榊原デンタルクリニックでは、全てのインプラント患者様に対し、骨の構造と密度を調べるためのCTスキャンを行います。

榊原医師によると、自然で快適、そして感染症の発生率が低いことなどから、インプラントの方が、入れ歯よりもはるかに好ましい、とのことです。インプラント手術の費用は約250,000円。一人一人に合わせてクラウンと支台を作成する必要があり、クラウンは歯1本につき150,000円となっています。

日本では、歯茎トラブルが多く見られますが、歯茎トラブルは深刻な問題で、多くの場合、歯を抜かなければなりません。榊原医師は、歯周 (歯肉) 疾患治療の際、本格的な歯のクリーニングと歯石除去作業を行う3日前に、患者に特殊な抗生物質を処方しています。また、歯肉ポケットにレーザーを当てることで、歯周組織を健康に保ち、細菌の増殖を防ぎます。

榊原デンタルクリニックの評判の良さは、治療に訪れる患者様の顔ぶれからも良くわかります。ハリウッドでも活躍している日本人映画俳優、有名なJポップグループのメンバーなどの有名人が患者様として榊原デンタルクリニックを訪れています。フランス語圏から日本に来ている外交官や住民などもまた、榊原デンタルクリニックの主な患者様となっています。東京では、フランス語が話せる歯科医師は珍しいようで、榊原医師の噂を聞いてやってくるそうです。

榊原デンタルクリニックの人気の理由はまだあります。それは、榊原医師が患者様に自身の携帯電話の番号を渡してくれること。困った時には、昼でも夜でも、休日でさえ、いつでも榊原医師に相談することができます。榊原医師は、フランス語に加えて英語も堪能です。榊原医師の奥様も英語を話すことができるので、クリニックで英語対応を行ってくださるそうです。

さらにもう1つ: 榊原医師は、日本の他、フランス、シンガポールにも信頼できる豊富な人脈を持っていて、難しい治療が必要な事態には、彼らに協力してもらうことが出来ます。大がかりなインプラント手術を行う際も、腕の良い信頼できる麻酔科医に協力してもらいます。

榊原デンタルクリニックの営業時間は、月曜、火曜、木曜から土曜の午前9時から午後12:30、午後2時から午後8:30。榊原医師は、他のクリニックでも診療を行っている場合がありますので、事前予約をおすすめします。

タグ: