ニュース & 特集

ヘルスケア

乳がんのリスクと予防 - お医者さんのアドバイス

貴方は、乳癌のリスクに直面していますか?乳癌は、女性にとって、癌(の中)で一番よくみられるのもです。ですからその一生において、乳癌にかかる危険性について、女性が知り、理解することは、(別段)驚くべきことではありません。以下に述べるのは、患者から問い合わせのあった、乳癌のリスクに関する最も一般的な質問のうちの10例を示しています。ここで話合いをする目的は、乳癌のリスクについて、全般的な理解をしていただくことにあります。

アジアの女性は、西欧の女性に比べて、乳癌にかかるリスクは高いですか?白人種は、その他の人種あるいは少数民族の女性と比べて、乳癌を形成する可能は高い ですが、40歳以下では、アフリカ系アメリカ人の間で、乳癌の発生率が高いようです。 最近の調査では、アジア人女性の乳癌患者の51%は、50歳以下であると診断されています。それと比較して、50歳以下の西欧人女性の乳癌発生率は、23%となっています。この事実が本質的に意味することは、私たちの地域では、若い年齢の間で、乳癌の問題について、もっと認識を深める必要があるということです。早期のスクリーニング(検査)とその恩恵について、研究することが必要でしょう。年齢分類により、発生率が違いますが、その正確な理由について、十分には理解されて いないので、それについて、更なる調査が必要になるでしょう。

乳癌に関連する一般的なリスク要因とは、何ですか?通常、乳癌の発生は、年齢とともに増加し、主に女性に影響します。乳癌の発生率は、異種族間により異なり、また生活習慣や社会経済的な事情の違いによって、(その発生率が)関連してきます。良性の乳房の病気のタイプの違いにより、それがある種の乳癌リスク発生要因となるでしょう。

(状況を)より正確に(分析)することで、乳癌にかかるリスクを確定できますか?乳癌にかかるリスクを予測(計算)する一つの方法として、その原因についての情報収集と、その情報分析があります;すなわち、女性の年齢、(乳癌にかかった)当初の年齢、初産時の年齢、乳癌の家族履歴、過去の乳房の生体組織検査の回数、典型的組織の増殖を示す乳房の生体組織検査の回数(良性の乳房の病気のタイプ)、そして人種・民族性があります。この予知手法は、個人のリスクを正確に予測するものではありませんが、類似したリスク要因をもつ女性グループのリスクを予測します。この予測結果が、正確に理解されることで、患者がそのリスクを軽減するための可能なステップについての情報が提供されます。

現在、近親の家族が乳癌にかかっている場合には、私にもそのリスクがありますか?親族の内2人以上が乳癌か卵巣癌にかかっている場合で、(兄弟、姉妹、両親やその関係者のうち)、 1名以上が50歳以前に癌と診断されている場合には、乳癌になるリスクが高くなるでしょう。BRCA1, BRCA2<癌リスク&遺伝子テスト>による変化は、遺伝的乳癌そして卵巣癌の大多数において、(その発見に)貢献します。しかしながら、上記テストの変化に影響されなかった女性の多くは、家族の間で発見された遺伝子の変化に基いた乳癌にかかるリスクについて、過大評価する傾向にあります。

家族のうち誰も乳癌にかかっていませんが、この問題について心配する必要がありますか?私たちの社会では、女性の間で、乳癌は一般的に家族の間で発生する、と間違って信じる傾向がよくあります。そう信じているため、家族の中で乳癌にかかった人がいない場合は、乳癌の検査に行く理由がないと考えるようです。乳癌にかかった大多数の女性について、家族に乳癌にかかったことがない、というのも事実です。乳癌の遺伝子が、遺伝するのは、一般的ではありません。BRCA1BRCA2<癌リスク、遺伝子テスト>によると、乳癌にかかった少なくとも95%の女性は、彼らの中に遺伝子を持っていないからです。

女性が以前、良性の乳房のしこりがあった場合、乳癌にかかる可能のリスクは高いというのは、本当ですか?“乳房のしこり”とは、単に乳房にしこりがある、ことを表現する、一般的な用語であり、それ自体は、病気を意味するものではありません。よって、しこりとは、癌細胞、癌になる前 の細胞、完全に良性(癌ではない)の中身の組織から、構成されるものと言えます。ですから、あなたに乳房のしこりが発見された場合には、それが良性のものであっても、その細胞についての正確な本質を知る必要があります。良性の腫瘍の違ったタイプのものが、突然変異で癌になる可能性があるかも知れません。その他多くの良性腫瘍は、非常に稀ですが、単純な包嚢(ほうのう)そして繊維腺腫のような癌にかかるリスクがあります。

乳房レントゲン写真によるエックス線は、実際的に乳房や体に害になりますか?大量の放射線を浴びるのは害になります。しかし、低量の管理可能なレベルにおいて、特に体の病気の探知や、癌と戦うためには、大変有益なものとなります。乳房レントゲン写真におけるエックス線の量は、大変低いものですが、手による探知で種々の乳癌や、初期の乳癌を探知するよりも、ずっと以前にそれらを、探知することができます。病気が初期の段階で、乳癌を診断するため、乳房レントゲン写真を利用する利便性は、乳房をエックス線にあてる量を最小限にするリスクよりは、更に重要であると言えましょう。乳癌の探知のための乳房レントゲン写真を撮らない,という選択をする前に、上記について理解をしておくことが重要です。

乳癌探知のため、乳房を自分で検査をする、、それだけで十分ですか?BSE(乳房を自分で検査する)は、女性にとって乳房のしこりを見つけるためには、信頼 できるものであると、当初考えられていました。ある種のしこりは、癌ではないかも知れません。多くの乳癌の形は、数年間に渡って拡大することで、初めて手で感じることができるでしょう。女性は、BSE(乳房を自分で検査する)の役割には、限界があることを、理解する勇気が必要です。女性は、毎年の乳房検査の予約の他に、BSEを継続して行う乳房のケアーの一部として、促進するべきでしょう。

どのようなタイプの良性の乳房しこりが、将来的には乳癌を形成することになりますか?現状では悪性ではないある種の乳房の病気が、将来的には、乳癌のリスクを高めることに なるかも知れません。LCIS(乳癌の一種)があると診断された場合、この用語(LCIS)が使用されているにも関わらず、患者は乳癌によって、苦痛を強いられてはいません。この種の細胞がある場合、LCISがない女性と比べて、7倍-12倍の比率で、実際的には乳癌が形成されています。患者にとってすぐには危険ではない、多くの良性の乳房の状況によっては、将来的に異なったリスクを示す乳癌が形成されるかもしれません。

乳癌のリスクについて更に理解を深めるために、どのようにすれば、それを最小限度に抑えることができますか?

ローガンライ病院
乳房外科専門医
チョン・セン・フォー医師
http://healthyim.com/ja/my/hospital/my60423888880

タグ:乳がん