ニュース & 特集

ヘルスケア

アトピー性皮膚炎 - 原因と治療

かゆみに苦しむ子どもたち: なぜ、ますます多くの子どもがアトピー性皮膚炎にかかるのか? それにどう対処したらよいのか?
アトピー性皮膚炎は身体が過敏に反応し、通常の環境でも、皮膚に過度で不適切な症状を起こしてしまいます。現在、都会化した先進国では、子ども全体の20パーセントもがこの症状に苦しんでいます。

農場をベースとする暮らしから都会をベースとする生活へ社会が変化したのに伴い、人間は、この地球を共有し、通常の環境に存在する細菌と接触することが少なくなったと、「衛生仮説」は仮定します。

その結果、ごくありふれたものと身体が触れ合うことも少なくなりました。 それゆえ、ほこりや花粉、特定の食物、一般のバクテリアなどでさえ脅威とみなし、身体はそれらと戦うため不適切に、そして過度に反応し始めます。 ここで学ぶべき教訓は以下のことです。 もし子どもたちが少しばかり汚れて、ちょっとした病気にかかったとしても、両親は心を痛めるべきではありません、なぜなら、それは彼らがバランスのよい免疫システムを発達させる助けとなるからです!

興味深いことに、アトピー性皮膚炎(皮膚の過敏症)、喘息(肺の過敏症)、血管運動性鼻炎(鼻の過敏症)のようなアレルギー疾患の多くは、特定の個人に一緒に起こるということを、我々はすでに知っています。 ダメージを受けた皮膚は、通常の雑菌が身体に入る最初のステップとなり、体内のほかの器官でも順番にアレルギーの「スイッチを入れる」ことが考えられます。それゆえ、皮膚の治療が優先されます。

治療の基礎は、適切な皮膚の手入れと保全です。 あなたのお子さんが、適切にそして熱心に治療に励むことが、あなたのお子さんを苦しみから解放する、現状の処方です。

ローガンライ病院
顧問小児内科、 皮膚専門医
リー ユー チュアン 医師
http://healthyim.com/ja/hospital/my60423888880
筆者 リー ユー チュアン 医師は、皮膚科学を専門とする顧問小児科医です。 彼は、親たることは、究極的に楽しく価値ある旅であるべきだと思っています、そして彼は、荒っぽく時には厳しく役割を果たすことによって、思いやりある両親と彼らの子どもたちを指導することが、自分の主な職務であると考えています。

タグ:皮膚