日本

現地に到着したあとのこと

メディカルツーリズムで日本を訪れるときに役立つアドバイス

日本のインフラは世界一近代的で高い信頼性を持っています。列車や飛行機は定時に正確に運行し、都市地域では頻繁に発着することで知られています。全国にすばらしい病院や医院はありますが、もっとも「外国人に心地よい」場所は都会にあります。

東京、横浜、川崎、千葉、埼玉は最も大きな超巨大都市を形成し、大阪神戸、京都はその次に大きな都市の集合体を構成しています。その他の大手の医療センターのある大都市地域としては、北に札幌、仙台、東京と大阪の間に名古屋、南の九州に福岡があります。

専門医療機関は全国さまざまな地域にあり、人口の密集した都市地域から離れたところにあることもあります。

言語

日本の多くの人は英語やその他の言語を話しますが、マレーシアやシンガポールほどにはバイリンガルの人は多くありません。このことは日本を旅行する際にもどかしいこともありますが、言語の能力の不足をおもてなしで補う人もいます。

安全

日本は世界でもっとも安全な国のひとつです。男性も女性も、昼、夜いつでも出歩いていて、事件はほとんど起きません。忘れた財布が中身はそのままで戻ってきたという話はよく聞きます。それでも、常識的な注意は必要です。

空港と交通機関

多くの人は東京の2つの国際空港に到着します。成田は都心から列車またはバスで約1時間のところにあり、一方、羽田はおもな中心街から15分から30分ほどのところにあります。両空港ともに、いくつかの鉄道、およびバス、タクシーのサービスがあります。

大阪はその次にもっとも知られている海外からの入り口で、旅客は関西国際空港に到着します。この空港は驚くべき技術で作られた海の真ん中の人工島の上にあります。関西国際空港から神戸、大阪、京都へは列車で40分から1時間半ほどです。目的地と予算に応じて、バス、フェリー、タクシーも使うことができます。

地上交通

鉄道:

鉄道日本の鉄道システムは充実しており、初めは圧倒されてしまうかもしれません。実質的に列車でどこへでも行くことができ、ほとんどいつでも定時で運行しています。下記のサイトで日本国内の列車の経路と運賃を知ることができます。
http://www.jorudan.co.jp/english/

列車での広い範囲の旅行を計画されるのであれば、HealthyIMは、ジャパンレールパスの購入をおすすめします。新幹線 (ただし、もっとも高速ののぞみは除きます)、JRの列車、バス、フェリーをとても手頃なパッケージ価格で利用できます。ジャパンレールパスは日本に居住していない人のみが利用できます。また、日本への到着より前に購入しなければなりません。たとえば、期間7日間のパスの価格は、新幹線の東京、大阪間の往復運賃よりやや高い程度です。あちこち旅行することを計画されるのであれば、とてもお得です。
詳細は下記のサイトをご参照ください。
http://www.japanrailpass.net/eng/en001.html

タクシー:

タクシーはよく利用されていますが、とても高額になることがあります。多くの場合、駅から目的地までの短い距離や、列車の運転が終わった夜中などに利用されます。

レンタカー:

空港や主要な駅の近くでレンタカーを借りることができます。レンタカーを借りるには国際運転免許証とクレジットカードが必要です。都市に駐車場はありますが、高額になることがありますのでご留意ください。一般に、都市の外を旅行する場合には、レンタカーは合理的な代替手段でしょう。車は左側通行で、狭い道が多くあります。運転されるのであれば、カーナビゲーションシステムをお使いになることをおすすめします。
ナビゲーションアプリはWazeがおすすめです。
https://www.waze.com/

バス:

バスは安価な移動手段で、都市では頻繁に、また数多く運行されています。しかし、どのバスにどこで乗るかを知るのはなかなか難しいものです。

ホテル

日本にはどんな予算にも見合うホテルやその他の宿泊施設があります。ご利用になる医療施設、ウェルネス施設への交通の便を考えて選択すると良いでしょう。

携帯電話とWiFi

携帯電話のローミングサービスは使用できますが、アジアの他の地域より高額になりがちです。自国の通信会社に利用の可否と料金をご確認ください。SIMカードを購入したり、プリペイドの携帯電話を利用することはできませんが、国際空港で簡単に携帯電話や「ポータブルWiFi」を借りることができます。

無料のWiFiは他の国ほどには普及していません。したがって、ITご使用の必要性が標準的な水準を上回るのであれば、ポータブルWiFiまたは携帯電話を借りることをおすすめします。とは言え、主要な通信会社の1つであるNTTは日本への旅行者を対象にWiFiサービスを336時間無料で使用できるカードの提供を開始しました。

食べ物

東京にはパリよりも多くのミシュランの星を受けたレストランがあります。世界中の食べ物があり、安い食べ物も豊富です。麺類は一般に3ドル (米ドル) から10ドル程度です。手頃な価格の寿司のランチまたは夕食は10ドルから50ドルです。有名なレストランのランチは夕食のメニューの価格の一部であることが多く、店をよく知る人のお気に入りです。価格が最低の水準の国ではありませんが、予算の範囲内でお好みのものが見つかるはずです。

病院の食事について:

日本の食事は通常、とてもすばらしく、新鮮な材料、風味、質感が提供されますが、病院の食事は風味が乏しく、つまらないものでありがちです。フランス料理や日本料理のメニューを誇る産科医院もありますが、それはどちらかというと例外です。

旅行と観光

日本の観光は、時には同じ地域にある都会の超現代的なものから魅力のある古代的なものまで、豊かな自然から最先端の技術まで、そして、さまざまな娯楽、料理、文化的なものと、あらゆる種類に広がっています。日本を旅行する際に役立ちそうなサイトは以下にご紹介します。

日本のニュース & 特集記事

トラベル

日本人は海外へのメディカルツーリズムに関心を持つか

メディカルツーリズム (国境を越えて医療を受ける人たちのための旅行) は、きわめて健全な産業である。Patients Beyond Bordersは、マーケットは240億ドルから400億ドルに相当すると考えている。これは世界中で約800万人の患者が国境を越え、1旅行あたり平均3,000ドルから5,000ドルを費やしていることに基づくものである。ドイツBad HonnefにあるInternational University of Applied Sciencesの観光産業経営の専門家Helmut Wachowiak教授によれば、マーケットはすでに400億ドルから600億ドルに相当しており、年20パーセントの成長をしているということである。

トラベル

日本の病院へ訪れる前に知っておくべき7つのこと

外国でヘルスケアのシステムを上手く乗りこなすことは、めったに簡単ではありません。特に、もしあなたがそのシステムを知らないか、上手くその国の言葉を話せないのなら、なおさらです。緊急事態に陥っても、またそうでなくても、日本の病院を訪れる前に、この7つのことを知っておくべきです。

トラベル

世界でも最高クラスのヘルスケアを提供する日本の医療システム

医療システムの良さは、医療の質、保険、料金によって判断することができますが、日本の医療はそのすべての点において、各国との比較ランキングの上位につけています。日本は世界で最も平均寿命が長く、主要な病気の治癒率も世界トップです。また、乳児死亡率はアメリカの半分となっています。治療可能な病気に対して適切な治療が提供されるので、回避可能死亡率の面でも常に世界をリードしています。
- T.R. Reid, Newsweek, August 16, 2010

ヘルシーアイエム相談デスクにお問合わせください
より詳しい情報をご提供いたします
アジア各国の病院・クリニック・歯科医院・スパ・リラクゼーションに関するご不明点、ご質問をお寄せください。可能な限り全てのご質問にお答えできるよう心掛けております。

ask HealthyIM