日本

費用はどのくらいかかるのでしょうか?

日本への渡航をお考えですか?全ての費用を頭に入れておきましょう

メディカルツーリズムの費用を検討する際には、医療施設から示された価格だけでなく、次のような要素も詳しく調べるべきです。

日本の保険制度

日本に住んでいる場合には、個人の健康保険 (通常は保険会社の保険) か、国の国民健康保険に加入しています。追加情報として、以下のリンクをご一読ください。

国民健康保険を使用している場合には、自己負担は通常30%で、ある水準に上限が定められています。しかし、保険が適用されない選択的な医療については、医療期間が独自に価格を定めることができます。

現金または保険を利用して支払いをする場合、病院によっては外国人患者様には追加の費用を請求する場合がありますのでご留意ください。この費用は、外国人患者様への通訳、翻訳、ケア、その他のサービスに関わる特定のコストを補てんするためのものです。それでも、多くの国で同様な医療を受ける場合よりは全体の費用はずっと低く抑えられます。

日本の多くの病院、医院は海外の医療保険での支払いを受け付けませんが、自国に戻って保険業者に請求をするために必要な書類手続きは行います。この場合、現金またはクレジットカードで支払い、あとで保険業者からの払い戻しを受ける必要があります。重要な注意事項: 日本では一般に小切手は使えません。

医療費

日本での生活にかかる全体の費用はアジアの他の場所よりも高くなる傾向があります。しかし、予算を節約する人たち向きの宿泊施設、レストラン、そしてやるべきこと (より実質的で最高のもの) はあるものです。

医療に関しては、生活費にくらべ、費用は抑えられます。日本は地域内で低価格の選択肢ではありませんが、がんや心臓など医療行為によっては、価格は競争力があります。価格はタイ、マレーシアよりはシンガポール、韓国に近いものになっています。

日本には検診センターが数多くあって、価格も手頃です。低コストで同等の検診を行う他のアジアの国々とも十分競争することができます。基本的な検診の費用は300ドル (米ドル) から500ドルです。腫瘍マーカー、血液および尿検査、心電図、胸部X線、内視鏡、超音波、頭部MRI、CTを含むコースは最低1,000ドル程度です。PET検査も利用することができます。

保険が適用されない美容および歯科医療は他のアジアの国よりは価格が高い傾向がありますが、これらの医療領域での細かい治療の高い評価が、人々が特別料金を支払う理由になることも多いのです。他の場所ではあまり広まっていない最近の再生 (幹細胞) 医療もまた患者様を日本に誘引しています。

日本またはアジアのその他の国への医療旅行をご検討の際には、どうぞHealthyIMにお問い合わせください。より詳しく説明させて頂きます。

日本のニュース & 特集記事

トラベル

日本人は海外へのメディカルツーリズムに関心を持つか

メディカルツーリズム (国境を越えて医療を受ける人たちのための旅行) は、きわめて健全な産業である。Patients Beyond Bordersは、マーケットは240億ドルから400億ドルに相当すると考えている。これは世界中で約800万人の患者が国境を越え、1旅行あたり平均3,000ドルから5,000ドルを費やしていることに基づくものである。ドイツBad HonnefにあるInternational University of Applied Sciencesの観光産業経営の専門家Helmut Wachowiak教授によれば、マーケットはすでに400億ドルから600億ドルに相当しており、年20パーセントの成長をしているということである。

トラベル

日本の病院へ訪れる前に知っておくべき7つのこと

外国でヘルスケアのシステムを上手く乗りこなすことは、めったに簡単ではありません。特に、もしあなたがそのシステムを知らないか、上手くその国の言葉を話せないのなら、なおさらです。緊急事態に陥っても、またそうでなくても、日本の病院を訪れる前に、この7つのことを知っておくべきです。

トラベル

世界でも最高クラスのヘルスケアを提供する日本の医療システム

医療システムの良さは、医療の質、保険、料金によって判断することができますが、日本の医療はそのすべての点において、各国との比較ランキングの上位につけています。日本は世界で最も平均寿命が長く、主要な病気の治癒率も世界トップです。また、乳児死亡率はアメリカの半分となっています。治療可能な病気に対して適切な治療が提供されるので、回避可能死亡率の面でも常に世界をリードしています。
- T.R. Reid, Newsweek, August 16, 2010

ヘルシーアイエム相談デスクにお問合わせください
より詳しい情報をご提供いたします
アジア各国の病院・クリニック・歯科医院・スパ・リラクゼーションに関するご不明点、ご質問をお寄せください。可能な限り全てのご質問にお答えできるよう心掛けております。

ask HealthyIM