韓国

韓国ではどんな医療を受けることができるのでしょうか?

韓国の医療サービスとその特徴を知ろう

「静かな朝の国」との名称でも知られる韓国では、政府がメディカルツーリズムを全面的にサポートしており、優れた医師・施設に加え、最新の技術をつめこんだ革新的な医療が提供されています。

韓国の病院は、総合健診やがん治療、臓器移植、関節・リウマチ治療、不妊治療、歯科治療、脊髄治療、眼科治療、韓方医学など、さまざまな医療を提供していますが、生命工学と幹細胞の研究が特に進んでいると言われています。

韓国は、美容医療を目的としたメディカルツーリズム渡航先としても大変人気です。エステティックサロンの中には、「コルギ (骨気)」と呼ばれる治療を提供しているところもあり、そのマッサージ技術を用いると、顔や体の骨の構造を本来の対称的な位置に戻すこともできるそうです。

また、その他にも反響をよんでいる数多くの最先端治療があります。たとえば、最新の3次元スキャナを用いた脂肪吸引手術では、脂肪のつき方をはっきりと確認できるため、どのように施術を行うかの判断がしやすくなっています。革新的な治療を行っている施設は他にもあります。そこでは、睡眠カプセルを使った睡眠療法が提供されていますが、アジアで睡眠カプセルを備えているのはその医院しかありません。同医院ではまた、幹細胞を抽出して保管し、将来その人が病気になったときにその幹細胞を再生して治療に使用するという、幹細胞バンクを提供しています。幹細胞の再生はまだ合法ではありませんが、多くの韓国人や外国人がその時は遠くないものと期待して細胞を預けています。

市場調査会社RNCOSの最近の報告、「2015年アジアのメディカルツーリズム市場予測(Asian Medical Tourism Market Forecast to 2015)」によると、医療目的で韓国を訪れる旅行者の数は、2013年から2015年の間に5割以上増加すると予想しており、これはアジア各国中でもっとも早い成長率です。韓国銀行がまとめたデータによると、メディカルツーリズムによる国の収入は昨年初めの11か月間で前年1年間の1億3,800万ドルから35.3%増の1億8,700万ドルに達しており、中央銀行が2006年に関連データの追跡を始めて以来最大の数字を記録しています。また、韓国観光公社 (KTO) は、医療を目的として韓国を訪れる旅行者は、2013年の39万9,000人から2020年には倍以上の99万8,000人になるものと予想しており、同年までに33億ドルの収入が期待できるとしています。ちなみに、2009年5月に制定された新たな法律は、国の認可を受けた病院やクリニックが、海外の潜在患者に対し積極的なプロモーション活動を行うことを正式に認めています。

出発前に知っておきたいこと

韓国のニュース & 特集記事

Travel

美容・美容整形の分野で特に注目されている韓国のヘルスケア事情

メディカルツーリズムの渡航先として注目され始めたのは比較的最近ですが、韓国政府は今後の成長分野としてメディカルツーリズムにとても力を入れています。医療法の改正、医療滞在ビザの内容改善、メディカルツーリズムプロバイダーの整備、そして24時間対応のサポートセンターを開設するなど、計画的に政策を進めてきました。その結果、2007年時点で7,900人だった医療旅行者が2011年には120,000人に増加し、その数は今も増え続けています。

ヘルシーアイエム相談デスクにお問合わせください
より詳しい情報をご提供いたします
アジア各国の病院・クリニック・歯科医院・スパ・リラクゼーションに関するご不明点、ご質問をお寄せください。可能な限り全てのご質問にお答えできるよう心掛けております。

ask HealthyIM