シンガポール

費用はどのくらいかかるのでしょうか?

シンガポールへの渡航をお考えですか?全ての費用を頭に入れておきましょう

メディカルツーリズムの費用を検討する際には、医療施設から示された価格だけでなく、次のような要素も詳しく調べるべきです。

専門業者が販売しているメディカルツーリズム用のツアーパッケージを利用すると、医療目的で海外を訪れる患者様とそのご家族が、ストレス無く治療を終えられるよう、さまざまなサポートサービスが提供されます。パッケージにはシンガポールについての情報提供はもちろん、空港でのお出迎えや、病院の予約、紹介状の手配、入院手続きの代行、通訳、移動手段の手配などが含まれます。宿泊先の手配など、旅行中に必要な準備ももちろんサービスに含まれており、ショッピングの段取りさえお任せです。

シンガポールの保険制度

ご自分の医療保険がシンガポールでの治療に適用できるかどうかは保険会社に前もって確認したほうが良いでしょう。いくつかの大手保険会社では、海外で治療を受ける際にも適用できるプランを提供していますので、もし現在の医療保険が利用できない場合には他の保険も調べてみることをおすすめします。保険を活用することで、費用を抑えて、十分な選択肢の中から必要な治療を受けることができるからです。海外の医療機関には、保険会社と提携しているところなどもあり、保険会社が実際に医療機関に支払う費用はかなり抑えられている場合も多々あります。

医療費

シンガポールの医療は、安さの面では、近隣のアジア諸国に劣ります。しかし、欧米のに比べればはるかに安く、もちろん医療技術は世界に通用するレベルです。具体例を挙げると、米国で心臓弁の置換手術を受ける場合は、だいたい17万ドル程度かかります。一方シンガポールでは、同じ手術をたった1万3,500ドル程で受けることができます。また、シンガポールで豊胸手術を受ける場合は、通常約2,700ドル程ですが、米国では1万ドルもかかります。同様に、米国の脊椎固定手術は約10万ドル、シンガポールでは約1万8,300ドル程度です。たいていの場合、シンガポールで特定の治療/手術に支払う金額は、欧米やその他の先進国でかかる費用のおおよそ10%から30%程度と考えることができるでしょう。ただし、治療内容や手術の種類などによっては、欧米などの国々と同程度の費用がかかるものもあります。

出発前に知っておきたいこと

シンガポールのニュース & 特集記事

Travel

ヘルスケアの中心地として目覚ましい活躍を見せるシンガポール

以前にも増して、さまざまなヘルスケアプロフェッショナル達から注目されているシンガポール。世界中の医療従事者、医療関連企業や専門家たちが、日々、研究に励んでいるほか、意見・知識交換の場として医療コンファレンスやイベントも多数開催されます。

ヘルシーアイエム相談デスクにお問合わせください
より詳しい情報をご提供いたします
アジア各国の病院・クリニック・歯科医院・スパ・リラクゼーションに関するご不明点、ご質問をお寄せください。可能な限り全てのご質問にお答えできるよう心掛けております。

ask HealthyIM