タイ

費用はどのくらいかかるのでしょうか?

タイへの渡航をお考えですか?全ての費用を頭に入れておきましょう

メディカルツーリズムの費用を検討する際には、医療施設から示された価格だけでなく、次のような要素も詳しく調べるべきです。

タイでの生活費全般は、実に安く抑えることができます。町の中心部でも、3ベッドルームのアパートが35,000バーツ (約1,100ドル) 程度で、中心部から外れると、その半額程度ですみます。他にも、85㎡のアパートの公共料金 (電器、水、ゴミ処理) は月額はたった60ドル余り、ヘルスクラブの会費は月額40ドルほどです。

一般的な価格帯のレストランで、3品のコース料理を2人で食べた場合の値段は、16ドルほどです。輸入ビールも2ドル強、カプチーノはさらに安いです。野菜や果物1キロは1ドルから2ドル、鶏の胸肉1キロは3ドル程度です。

タイは、5つ星の豪華なホテルから、長い回復期間を必要とする医療旅行者向けのリーズナブルなアパートまで、さまざまな宿泊設備が手ごろな値段で利用できることを売りにしています。タイで医療を受けることを考えている旅行者向けに、バンコク、プーケット、ホアヒンなどでの総合的な医療パッケージが多く提供されており、その多くは、専門病院や一流病院での美容整形、または温泉療法やその他のウェルネスツアーです。

タイの保険制度

保険契約の適用範囲が全世界とされている場合でも、通常は緊急時の入院や治療にしか適用されません。医療目的でタイを訪れる場合、標準的な旅行保険は、ヘルスケアや歯科治療、手術による合併症やそれに伴う費用と滞在費用には適用できない可能性が高いことに注意する必要があります。これらに対応する保険契約もあります。

医療費

タイの医療費の安さは、大きな魅力のひとつです。たとえば、アメリカでは約144,000USドルも必要となる心臓バイパス手術は、たったの約24,000USドル。減量手術(ラップバンド)は、アメリカだと約30,000USドルのところが、タイではたったの12,000USドル程度です。同様に、アメリカで約15,000USドルのフェイスリフトが約6,000USドル、というように、他の施術もたいていの場合大きなコストダウンになります。加えて、特にJCIの認定を取得している大きな病院では、医療レベルも高いので、安さとだけでなく技術の面でも多くの人々に選ばれています。

出発前に知っておきたいこと

タイのニュース & 特集記事

Travel

良質で低価格なヘルスケアを提供しているタイの魅力

近代的ながらも歴史を感じられるエキゾチックな雰囲気、親しみやすい国民性、食事が美味しいことなどで知られるタイは、メディカルツーリズムの渡航先として、アジアの中でも特に注目されてきました。

ヘルシーアイエム相談デスクにお問合わせください
より詳しい情報をご提供いたします
アジア各国の病院・クリニック・歯科医院・スパ・リラクゼーションに関するご不明点、ご質問をお寄せください。可能な限り全てのご質問にお答えできるよう心掛けております。

ask HealthyIM